自分の中で、もう一度女友達の定義を見直すと上手くいきます。

男性にとって、女友達を作る事は案外難しいものですね。

 

それは、どうしても異性を意識する駆け引きが存在していまうからではないでしょうか?

 

そこで、本気で女友達を作る為に”心の定義”を見直す必要があると思います。

 

 

 

?自身の現状を把握しながら、どのラインでの女友達なのかを見つめ直してみましょう。

 

 

 

簡単に説明すると、先ずはパートナーがいる・いないになってきます。

 

但し、安易な気持ちで女友達を作るにはパートナーがいる場合には注意が必要ですね。

 

もし、いない方でも想像すれば安易に分かるもめ事になりかねないのは理解出来ます。

 

 

 

そう考えると、目的意識を明確にしておかなければなりませんね。

 

例えば、共通の趣味からの女友達で彼女とも友人として共感出来る事。

 

パートナーがいないケースでも、ライン(線引き)をしっかりと決めておくと作りやすいと言えますね。

 

 

 

その後、真剣な付き合いになるケースも当然あり得ます。

 

しかし、出会いからのイメージは相手には悪く感じさせにくいので良い流れにはなりやすいと思います。

 

 

 

?では、ゴールは恋人と決意した場合には!?

 

 

 

これも当然ですが…パートナーが現在いない事が大前提になります。

 

もし、いるのに恋人探しを目標とするなら失敗するのは間違いありません。

 

なので、真剣な方が進める方法になってきます。

 

 

 

では、ガンガンに攻める男を演出すれば良いのでしょうか?

 

いいえ。

 

これも先に述べた様に、定義はゴールとしても焦らない真面目さをアピールしなければなりません。

 

 

 

何故かと言えば…女友達を作る事から始まる話だからですね。

 

ここで変な話ですが、必ずしも男性側が前を向いた姿勢が良いとは限りません。

 

女性によっては、自分から行動するのが好きな人や全く気が無いケースも大いにあり得ます。

 

 

 

先ずは、焦らない姿勢で…一緒に時間を過ごすうちに本当の女友達になる事だってあり得ますから!

 

 

 

?永遠のテーマと感じるのは、日本人だからかも知れませんね?

 

 

 

まとめになりますが、海外では女友達は当たり前の風習が根付いています。

 

心を分かりあえた、親友・戦友みたいな存在は憧れますね。

 

しかし、日本は島国であるがゆえに他国文化を受け入れにくい時代が長かった気がします。

 

 

 

けれども、こんな考えも世界と瞬時に繋がる現在は無縁かも知れません。

 

もし、他にも自分にマッチした方法が見つけたいのなら…。

 

異国文化も参考になると思いますよ。